Open DMX USB をMac OSX (10.11.6) Resolume Arena 5 で有効にする方法

24.02.17

 

ENTTECのOpen DMX USBなど、FTDIのRS485通信を行うチップセットを利用したOpen DMX to USBデバイスは、簡単にはMacでは動かない?みたいなのですが、FTDIのサイトをよく見て、マニュアル通りにMac OS にインストールしたら成功したので、ここにその方法を書いておきます。

僕が通信に利用したかったデバイスは中国製のUSB to RS485通信デバイスです。
このデバイスはFTDI FT232RLチップを積んでおり、かつ150円と破格だったのです。アリババで購入。

さて、本題ですが、Open DMX USBドライバのインストールチュートリアルなどはけっこう存在しているのですが、どこを見回ってもプログラムを書いたことある人などにはわかりやすくても、正直安いからこのデバイスを購入した、にわかユーザーにはわからんことだらけだったということもあり、、できるだけ細かく書いておきます。途中で挫折したらもう諦めてDMX USB Proを買うことを強くお勧めします。

注:画像はクリックで拡大

1:USBで通信しているのに、Resolume Arena 5 のDMX接続機器一覧にデバイスが存在しないことを確認してアプリ終了

INTRO copy

2:FTDIのサイトで、対応したVCPD2XXとD2XXHelperドライバをダウンロード

STTEP_01 copy

STTEP_02 copy

3:ダウンロードしたVCP(FTDIUSBSerialDriver_v2_3)のインストール

STTEP_03 copy

4:FTDIUSBSerialDriverインストール先の確認
HDD直下の ライブラリ/Extensions の中にFTDIUSBSerialDriver.kextがあることを確認。
消したい時はゴミ箱へ。

STTEP_04 copy

5:同様にD2xxHelper_v2.0.0をインストール
HDD直下の ライブラリ/Extensions の中にD2xxHelper.kextがあることを確認。
消したい時はゴミ箱へ。

STTEP_05 copy

6:D2XX1.2.2.dmgをダブルクリックして、中身を表示
すると、フォルダが見えるので、D2XXというフォルダをデスクトップにドラッグアンドドロップでコピー。

STTEP_06 copy

7:デスクトップのD2XXの中身を確認

STTEP_07 copy

8:Finderのツールバーから移動/フォルダへ移動を選択

STTEP_08 copy

9:フォルダの場所を入力に『/usr/local』と入力

STTEP_09 copy

10:隠しフォルダが展開され、localの中身が見えるので、その中のlibフォルダの中身を見る

STTEP_10 copy

11:アプリケーション/ユーティリティ/ターミナルを起動

STTEP_11 copy

12:libのコピーフォルダを作るプログラムを書く
ターミナルに

sudo mkdir -p /usr/local/lib@

と入力してエンター。コピペ可。
パスワードを要求されるので、いつものユーザーパスワードを入力してエンター。

STTEP_12 copy

13:デスクトップにあるD2XXの中身をlibにコピーするプログラムを書く
ターミナルに

sudo cp Desktop/D2XX/bin/10.5-10.7/libftd2xx.1.2.2.dylib /usr/local/lib/libftd2xx.1.2.2.dylib@

と入力してエンター。すると、libの中にlibftd2xx.1.2.2.dylibがlibftd2xx.1.2.2.dylib@という名前でコピーされたのがわかります。

STTEP_13 copy

14:libの中にあるlibftd2xx.1.2.2.dylib@のシンボリックリンクを作るプログラムを書く
ターミナルに

sudo ln -sf /usr/local/lib/10.5-10.7/libftd2xx.1.2.2.dylib /usr/local/lib/libftd2xx.dylib@

と入力してエンター。すると、libの中にlibftd2xx.dylib@という名前で作られたのがわかります。

STTEP_14 copy

15:全部終了してOS再起動

16:再度Resolume Arena 5 を起動して、DMX接続機器一覧にデバイスが存在することを確認

OUTRO copy

17:終了

自己流のとこがあるので、これで正しいかわかりませんが、とりあえず動いたので良しとします。
ちなみに、ENTTECのDMX USB ProMad Mapperで使う場合はD2XXが邪魔になることがある様です。その時は削除して再起動してみてください。また、2017.02.24現在はMillumin V2.0ではOpen DMX USBは使用できない様です。

何か質問があればメールでは無く、Facebookページののタイムラインに書き込んでください。
以上です。

13.03.17追記:デスクトップにD2XXフォルダがないと認識されないっぽいです。または、再インストール。

21.04.17追記:D2XXとD2XXヘルパー+FTDIのインストールで認識はされるが、結局再起動を繰り返す上に安定した送信ができない模様。Rezoのフォーラムにもあったが、USB系の出力は安定しないからやめたいんだとか。というわけでOpen DMX USBはRezoでは使えないっぽい。。こんな終わり方でごめんなさい。。

22.04.17追記:結局Rezoは諦めて、FTDIはアンインストールし、D2XXとD2XXヘルパーとmillumin2 beta(2.18)のArtnetとQLC+の出入力設定とPassthroughチェックの組み合わせでやりたいことはできたので、詳細はまた今度。Thanks millumin2!
ちなみに、2週間前にOpen DMXサポートして欲しいとフォーラムに書き込んだら今後のバージョンでサポートしてくれるみたい。milluminの対応力恐るべし。。

UENO PLANET – Ueno Zoological Gardens

10.02.17

/ / /

Role
CG and animation

Credits
Supervision : Ueno Zoological Gardens
Planning / Design : Nippon Design Center, Inc.
Movie Edit : Michihiro Kuroda
Music : Noah

 

UENO PLANET_FLIGHTGRAF_960

 

 

UENO PLANET wireFrame

UENO PLANET BASE_01

UENO PLANET BASE_02


UENO PLANET BASE_03

UENO PLANET BASE_05

UENO PLANET BASE_04

UENO PLANET BASE_06

 

E-girls – LED panel visuals for 67th NHK Kohaku

11.01.17

/ /

Role
Design and animation

Credits
Production / Creative Direction : m plus plus

e-girls-led-panel-visuals-for-2016-nhk-kohaku01

e-girls-led-panel-visuals-for-2016-nhk-kohaku_panel_sample0

e-girls-led-panel-visuals-for-2016-nhk-kohakupanel_sample1

e-girls-led-panel-visuals-for-2016-nhk-kohakupanel_sample2

e-girls-led-panel-visuals-for-2016-nhk-kohakupanel_sample3